thank u, next – Ariana Grande 和訳と紹介

Ariana Grande 元恋人から受け取ったものと、これからの自分を歌う。

ariana-grande

「元恋人たちに感謝している。さあ、次よ。」

サウンドについて
ミドルテンポのバラードですね。大げさにドラマチックにすることもなく、悲しさを演出することもなく、どこか冷静さを感じるサウンドとメロディラインです。だけどアリアナ・グランデの歌唱力と、なにより生きてきた人生が、多くを感じさせますね。

歌詞について
Verse1で元恋人の名前がたくさん登場するこの楽曲の名前は “thank u, next”。「ありがとう、そして次」という意味です。振り返って、色々な感情を思い出すけれど、しがみつかない心持ちが伝わるタイトルです。愛して失ったんじゃなくて、いろいろなことを学んだと歌っています。Verse2に出て来る「アリ」は自分のことでしょうか。自分自身と向き合って、離さないことを更に決意したんでしょうか。アリアナ・グランデの気丈さは、柔らかいというか、どこか優しいですよね。自分を守るために誰かを跳ね除ける、なんて絶対にしないというか。”No Tears Left To Cry(和訳&MV)” とかにも、そんな優しい気丈さが見えます。

というか、ピートと別れちゃったんですね…。最高の “sweetener(和訳&紹介)” になると思っていたので、残念です。また素敵な人が見つかるといいですね。

Ariana Grande の “Sweetener” から全曲の和訳を掲載。こちらをクリック。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

get well soon – Ariana Grande 和訳と紹介

Ariana Grande 史上最高のバラード。全ての人々に深い愛を捧げる。

sweetener

「あなたは孤独になるべきじゃない。私が一緒にいるわ。」

サウンドについて
本当に名曲です…!楽曲は前半と後半に大きく分けられるのではないでしょうか。隙間の多いリズムが特徴的な前半と、全力で歌い上げる後半です。アリアナ・グランデの歌唱の引き出しの多さが成し得た楽曲ですね。

前半はR&B好きには堪らないリズムパターンだと思います。隙間が多くて、グルーヴのあるリズム。その上にアリアナの澄んだ歌声で、まっすぐで美しいメロディが響きます。流れるように歌い上げるメロディと、拍の頭に強いアクセントをおいてリズミカルに歌い上げるメロディで構成されています。

そしてイントロのフレーズとブレイクを挟んで後半へ。イントロのフレーズはここで繰り返されるんですね。伴奏にあった隙間がなくなり、どんどん重厚で力強い楽曲に変化していきます。音の数も増えて、歌い方も力強くなっていきます。盛り上がりきったタイミングで響かせる優しいメッセージに鳥肌が立ちました。彼女の優しさは口だけじゃなくて、本気なんだと、音楽の力で伝わってきます。

歌詞について
get well soon“、すぐに良くなるよというフレーズは曲中に登場しませんでした。だけど楽曲を聞いてからタイトルを改めてみて鳥肌が立ちますね。。「そばにいるよ」みたいな歌ってたくさんあるじゃないですか。月並みなフレーズなのに、どうしてこんなに心を震わせられるんでしょうか。歌声だったり、サウンドだったり、アリアナの生き方だったり。彼女が生きてきた全てが、この素晴らしい楽曲を生み出したんでしょうね。

Ariana Grande の “Sweetener” から全曲の和訳を掲載。こちらをクリック。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

pete davidson – Ariana Grande 和訳と紹介

Ariana Grande 恋人が曲名。1分間のラブソング。

sweetener

「私の人生の全ては、あなたに出会うためにあった。」

サウンドについて
楽曲に関していうことはありません。シンプルなビートで、アリアナが自分の言葉を喋りやすいように準備したビートなんだろうと思います。とは言っても、エレピっぽい音が優しかったり、終盤で入ってくるストリングスの幸福感だったり。この音がアリアナの幸せの音だとしたら、とても優しくて暖かい幸せの中に埋もれているのですね。素敵な恋人なんでしょう。

歌詞について
曲名見てびっくりしちゃいました。一応補足しますが、”pete davidson” とは、アリアナの恋人で、婚約者です。こんな素敵なラブソングを歌ってもらえるなんて、羨ましいですね。とても素敵な人なんだと思います。綺麗な言い回しが多いですが、とてもストレートな言葉なので、特に語ることはありません。最後に Happy を繰り返すのがとても素敵だと思います。

Ariana Grande の “Sweetener” から全曲の和訳を掲載。こちらをクリック。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

goodnight n go – Ariana Grande 和訳と紹介

Ariana Grande Imogen Heapの名曲をカヴァー+オリジナルのバースを追加。

sweetener

「どうしてあなたはそんなにキュートなの?」

サウンドについて
Imogen Heapというミュージシャンの楽曲のカヴァーです!2005年の楽曲なのですが、アリアナが自分のバースを歌っていて、現代的なサウンドになっています。ちょっとラップぽい感じが2010年代って感じがしますね。サビのメロディや、ハイトーンのボーカルなどが、とてもアリアナのカラーにあっています。

歌詞について
カヴァーなのですが…。自分で書いた部分よりも、サビの歌詞の印象がとても強いですね。アリアナがカヴァーしたくなるような楽曲ですしね。決まったフックに合わせて、色々な人が自分のバースを取るのはヒップホップではよくあります。この楽曲のテーマに合わせて、自分の言葉で歌を歌う。本物のシンガーって感じがしますね。本物のシンガーなんですけど。

Ariana Grande の “Sweetener” から全曲の和訳を掲載。こちらをクリック。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

better off – Ariana Grande 和訳と紹介

Ariana Grande アルバム終盤に向けて、優しくて心地のいいサウンドで歌う別れの歌。

sweetener

「だから私はあなたの側に居ない方がいい。」

サウンドについて
優しいバラードです。低音がバッキングの中心にあって、聴き疲れしないし、歌声が目立ってよいです。アルバムの終盤の始まりにこういう楽曲を置くのはよくありますね。こういう曲が一番好きって人もいるんじゃないかなー。派手じゃないけれど、優しいメロディ、歌声で、何度でも聞けそうです。

歌詞について
結構昔からあった楽曲らしく、おそらくマックミラーと交際していた時に書いたんだろう、と海外ネットニュースで読みました。”Better off“は「した方がいい」という意味で、「私にとってあなたは居ない方がいい」「私はあなたの側に居ない方がいい」というように歌っています。嫌い!みたいな感情ではなくて、もっと客観的な言葉なのが、寂しいですね。好き同士で付き合っても、長い間一緒に過ごしていると、お互いのことがわかってきて、悲しい選択を取らなきゃいけなくなることもありますよね。

Ariana Grande の “Sweetener” から全曲の和訳を掲載。こちらをクリック。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

borderline – Ariana Grande 和訳と紹介

Ariana Grande 平坦なシンセサイザーと細かい低音ビート。ケンドリック・ラマーのオマージュ?

sweetener

「私のものにしたい。ボーダーラインで私と会って。」

サウンドについて
ループの楽曲です。平坦でのっぺらとしているシンセサイザーの音をベースに、細かくバスドラムとベースが入って来る。その上にスネアとハイハットで味付けをしているような構成です。歌の小節数には癖があって、不思議なところで繰り返しのフレーズがきます。平坦な楽曲だけに、飽きないように様々な工夫が施されています。

イントロ、ケンドリック・ラマーのAlrightを連想してしまいませんか?音色も、音の切り方も。ボイシングが違うけれど、構成音は同じですよね…?ケンドリック・ラマーのAlrightは、低い音がEの音で、高い音がAの音。”borderline“は、高い音がEの音で、低い音がAの音です(初めの四音はちょっとハッキリ聞こえないけど、5音目はAですよね)。

歌詞について
気のないふりをする、魅力的な男性(彼を求める雛鳥がたくさんいる!)を求める歌です。Missy Elliottがフィーチャーされています。”borderline“、境界線ですが、なんの境界なんでしょうか。シンプルに考えると友達と恋人でしょうか?いわゆる「一線」みたいな捉え方もできますね。

Ariana Grande の “Sweetener” から全曲の和訳を掲載。こちらをクリック。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

breathin – Ariana Grande 和訳と紹介

Ariana Grande 影の掛かったクールなポップス。ギターソロがかっこいい。

sweetener

「自分を失った時、やるべきことは、呼吸を続けること。」

サウンドについて
一曲前の “everytime(和訳)” に引き続いて、シリアスな雰囲気のポップスです。”breathin“もわかりやすい楽曲になっています。と思ったら、二曲ともプロデューサーが同じなんですね。Ilyaというプロデューサーで昔からアリアナ・グランデの曲を手がけています。Ilyaは他には”God Is a Woman(和訳&MV)” と、”No Tears Left to Cry(和訳&MV)“、”Raindrops(和訳)“をプロデュースしています。

アリアナの曲でガッツリしたエレキギターのソロが入っている曲、パッと出てきません。めちゃくちゃ弾き倒しててかっこいいですね。その後のブレイクもかっこいいです。

歌詞について
辛い出来事、悲しい出来事がたくさん起きて、見るもの全てに嫌気がさして、自分を見失ってしまったとき。”breathin“、呼吸を続ければいいと教えてくれる。物事がそれほど複雑じゃなかったことを教えてくれる。そんな良いパートナーの歌詞を通して、彼女の歌が私たちのスウィーテナーになることを願っているんでしょうね。

Ariana Grande の “Sweetener” から全曲の和訳を掲載。こちらをクリック。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

everytime – Ariana Grande 和訳と紹介

Ariana Grande シリアスでストレートな歌。切ることができない関係を歌う。

sweetener

「どうして神様は、私をあなたのところへ連れ戻し続けるの。」

サウンドについて
このアルバムを先頭から聞いていって、初めて他のミュージシャンでもやりそうな雰囲気だと思いました。攻めまくりなアルバムの中盤で来るもの心地いいですね。チャーチズとか、最近のテイラー・スウィフトもやりそうな雰囲気ありますよね。フィルターで高音をカットして、徐々に出していくイントロから始まり、コード進行だったり。シリアスな雰囲気が出ています。終盤のハイトーンボイス、からの笑い声が楽曲の雰囲気に引っ張られて空笑いのように響いてリアルです。

この楽曲はテイラー・スウィフトのプロデュースをずっとしていた Max Martin とアリアナ・グランデを昔からプロデュースしている Ilya のコンビでプロデュースされています。昔からの洋楽ファンにとっては、なんだかテンションが上がりますね。他にこのコンビでプロデュースしている楽曲は、”raindrops(和訳)“、”No Tears Left to Cry(和訳&MV)” があります。

歌詞について
忘れた方がいい異性を忘れられず、ズルズルと関係を続けてしまう、といった歌詞です。”everytime“、いつでもあなたの元に戻っていってしまう。。私自身もそんな恋愛もありましたし、心当たりがある人も多いのかと思います。この曲は女性目線で、自分が手放すべきなのに手放せない、、といった悪い男に苦しめられる歌詞に取れますが、一方で歌詞には自分の主観ばかりで、相手の振る舞いは電話をかけてくることくらいです。もしかしたら相手も、手放すべきなのに、、と苦しんでいるかもしれませんね。

Ariana Grande の “Sweetener” から全曲の和訳を掲載。こちらをクリック。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

successful – Ariana Grande 和訳と紹介

Ariana Grande BGMのようなコミカルなトラック。

sweetener

「あなたも同じ。若くて、美しくて、成功しているわ。」

サウンドについて
これも不思議な楽曲ですね。歌ものでこういう雰囲気のトラックってあんまり見かけません。コミカルなBGMというか。バスドラムに被せているスクラッチ音が目立ちますねー。やっぱりすごく冒険的なアルバムです。ビートルズも顔負けの、貪欲でアグレッシブなサウンドメイクですね。

歌詞について
successful” は「成功している」という意味です。だけど例えばヒップホップのように「私は成功しているわ!」っていう曲じゃなくて、「私は成功しているけど、あなたも同じなのよ」なんていう優しい歌です。優しいっていうと少し違いますけれど、アリアナ・グランデが楽曲を作って、歌を歌う時には、必ずリスナーが見えているんだなあ、と思いました。心優しいアリアナ・グランデらしくて素敵です。

Ariana Grande の “Sweetener” から全曲の和訳を掲載。こちらをクリック。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

sweetener – Ariana Grande 和訳と紹介

Ariana Grande クラシックのように美しいメロディ x ヒップホップ!?

sweetener

「あなたが人生の味を甘くしてくれた。」

サウンドについて
なんだこの曲!すごすぎる!サビのメロディ、美しすぎますね。とても好みです。かと思いきや、(初めから裏にいたのですけど)違和感なく、シームレスにヒップホップらしいフレーズを入れ込んできました…!後に続くのは、今度は普通のポップス的なメロディ。解決せずに引っ張って、サビの美しいメロディに連れて行きます。そしたらまたヒップホップ…。サビのメロディだけでも名曲になりそうなのに、なんてアグレッシブなんだ、アリアナ・グランデ、、。めちゃ面白いですね。

歌詞について
sweetener“、アルバムの表題曲です。語義的には「甘くするもの」で、甘味料などを意味します。歌詞中には様々な味覚が登場します。しょっぱかったり、苦かったり、酸っぱかったり。それを「あなた(=sweetener)」が甘くしてくれる、という歌です。このアルバムや曲たちが、いろんな人の”sweetener”になるように願いを込めたんでしょうね。その優しさはブリッジの最後の行にも現れています。アルバムの表題曲にふさわしい素敵な楽曲です。

Ariana Grande の “Sweetener” から全曲の和訳を掲載。こちらをクリック。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む