I’m Only Sleeping – The Beatles 和訳と紹介

The Beatles 歌詞、楽曲共に最高に気だるい名曲。

revolver

「起こさないでくれ。ただ眠っているだけなんだよ。」

サウンドについて
なんとも気だるいサウンド、ボーカルはテープの回転数を落としてレコーディングされたそうです。コーラスがめちゃくちゃ美しいですね。あとアコースティックギターのアップピッキングがめちゃくちゃかっこいいです。逆回転が取り上げられがちな曲だけど、その他にも魅力満点です。

しかし、やっぱり一番凝っているのは逆回転のギターソロですね。普通に弾いて、逆再生したものを採譜して、楽譜通り弾いて、逆再生したそうです。逆再生で普通のメロディになるギターソロを録音したってことですね。。気合い入りすぎてます。。

歌詞について
楽曲に似合う気だるい歌詞です。ただ眠っているだけなんだ、起こさないでくれ、、といった歌詞です。ゆっくりと時間をかけて自分の中の世界を眺めているようです。なんともジョンレノンっぽい歌詞ですね。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

Eleanor Rigby – The Beatles 和訳と紹介

The Beatles ストリングスアレンジが美しい、孤独に生きる歌。

revolver

「孤独な人々は、どこから現れて、どこに馴染むのだろう。」

サウンドについて
有名な曲ですよね。全編ストリングスアレンジです。楽譜を書いたのはジョージ・マーティンで、ポールは「ヴィヴァルディみたいに」とオーダーしたそうです。コードは殆どEmだけですね。少しCが入って、あとはEmの7thの音が半音ずつ下がっていくサビだけです。短調って美しいですよね。

歌詞について
Eleanor Rigby“は架空の人名です。孤独な登場人物、エリナー・リグビーとマッケンジー神父を描写しています。誰にも気にされないのは寂しいですよね。幸い私は友人に恵まれている(と思っている)けれど、孤独な人々はどこに行けるんだろう。私の大好きなthe smithsの歌詞にも、生きたいと思ったなら、何から始めればいいんだろうという歌詞があります。それぞれの居場所を見つけられますように。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

Taxman – The Beatles 和訳と紹介

The Beatles 7th#9のリフが響き渡る。ビートルズ中でも随一のリフモノ・ロックンロール。

revolver

「税金が高いって?全部は取り上げないんだから感謝しなよ。」

サウンドについて
ジョージ・ハリスンが作曲した曲の中でも、群を抜いてかっこいいロックンロールです。展開は殆どなく、7th#9のコードを一定のリズムで、一発ずつ刻み続けているだけですが、強烈なリフですね。ギターリフとソロに耳が行きがちですが、ベースのフレーズも凝っていて、グイグイ変化していく様がとてもかっこいいです。
ギターソロですが、なんとポールが弾いているそうです!どことなくインドっぽくてかっこいいですね。

歌詞について
社会派です。税金について、イギリス人らしい皮肉たっぷりに歌っています。1960年代のイギリスでは、富裕層には95%もの課税がされていたそうです。ジョージ・ハリスンが「お金を稼げるようになったが、そのほとんどに課税されるということに気づいて書いた」と語っているそうです。しかし95%はやりすぎですよね。。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

thank u, next – Ariana Grande 和訳と紹介

Ariana Grande 元恋人から受け取ったものと、これからの自分を歌う。

ariana-grande

「元恋人たちに感謝している。さあ、次よ。」

サウンドについて
ミドルテンポのバラードですね。大げさにドラマチックにすることもなく、悲しさを演出することもなく、どこか冷静さを感じるサウンドとメロディラインです。だけどアリアナ・グランデの歌唱力と、なにより生きてきた人生が、多くを感じさせますね。

歌詞について
Verse1で元恋人の名前がたくさん登場するこの楽曲の名前は “thank u, next”。「ありがとう、そして次」という意味です。振り返って、色々な感情を思い出すけれど、しがみつかない心持ちが伝わるタイトルです。愛して失ったんじゃなくて、いろいろなことを学んだと歌っています。Verse2に出て来る「アリ」は自分のことでしょうか。自分自身と向き合って、離さないことを更に決意したんでしょうか。アリアナ・グランデの気丈さは、柔らかいというか、どこか優しいですよね。自分を守るために誰かを跳ね除ける、なんて絶対にしないというか。”No Tears Left To Cry(和訳&MV)” とかにも、そんな優しい気丈さが見えます。

というか、ピートと別れちゃったんですね…。最高の “sweetener(和訳&紹介)” になると思っていたので、残念です。また素敵な人が見つかるといいですね。

Ariana Grande の “Sweetener” から全曲の和訳を掲載。こちらをクリック。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

Siren – The Chainsmokers 和訳と紹介

The Chainsmokers 2018年には珍しいほどガチのEDM。

the-chainsmokers

「ほら、サイレンの音が聞こえてきたよ。」

サウンドについて
歌のパートはほんの少しだけ。サビに向けての定番の盛り上がりや、ドロップなんかは久々に聞いた印象です。ただ、バースの雰囲気は流行のヒップホップっぽい感じはありますね。そして、The Chainsmokersはギターの音を使う印象が強いのですが、この曲でも初めのドロップの直後のリフが、優しい音のギターで奏でられています。

歌詞について
Siren” は読んでの通り、サイレンを意味します。歌詞の内容は、、なんとも難しいですね。歌ものって訳でもないし、特に考える必要もないと思っていますけど。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

Where Is My Mind – Pixies 和訳と紹介

Pixies 映画「ファイトクラブ」主題歌。気だるさ、浮遊感、喪失感。

doolittle

「君は君自身に尋ねるんだ。”俺の心はどこだ?”。」

サウンドについて
Pixiesの楽曲の中でも、油断して聞ける楽曲だと思います。コード進行、ギターリフ、コーラス、メロディラインの全てが織りなす独特の浮遊感が心地いいです。歌詞の雰囲気にあっていますね。Pixiesらしいベタっとしてベースラインに喋るようなボーカル、リフとメロの構成が相変わらず素晴らしいです。面白いのはサビの後半、”Where Is My Mind“ってフレーズが終わった後に、もう1フレーズあるんですよね。それだけでグッと深みが増します。

歌詞について
Where Is My Mind“は、「俺の心はどこだ?」という意味。なんとなくわかるような、わからないような、、ブラック・フランシスらしい歌詞ですね。結構雰囲気で歌詞を書く人だと思っているので、雰囲気で受け取ればいいと思うのですが、サビの後半のフレーズが少し気になります。自分を見失った人に向かって助言をしているような、、。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

Blur – MØ 和訳と紹介

MØ 2010年代エレクトロポップの影に、90年代USオルタナの影響?

mo

「私を連れ出して。霞の中に閉じ込められているの。」

サウンドについて
楽曲の構成や、メロディは完全に2010年代、EDM以降の楽曲のそれなんですけれど、イントロとバースのサウンドが完全にPixies の “Where Is My Mind(和訳&MV)” です。スクラッチのような一瞬のフレーズから、E-C#m-G#のコード進行でストロークされるアコースティック・ギター。4コード目に違いはありますが、ほぼ引用です。映画”ファイトクラブ”の主題歌にもなった楽曲なので知らないとも思えません。Pixies好きなんでしょうか、、めちゃ好感度上がりますね、、!

歌詞について
タイトルの “Blur” は、ボヤけた、靄のかかった、といった意味です。曲名から連想できるように、内省的な内容になっています。内容は若者の胸の内の葛藤って感じなのかなあ。「どうしてみんな全てを受け入れられるの」「進みたかった道を進んだはずなのに、おかしくなってきた」そんな言葉が並んでいます。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

カテゴリー

Consequences – Camila Cabello 和訳と紹介

Camila Cabello 現代のメロディで奏でるハチロクバラード。

camila-cabello

「あなたを愛することには終わりがあったの。」

サウンドについて
ピアノの3コードのイントロが印象的、歌の音取りくらいの軽さのフレーズですね。楽曲の構成は伝統的なスタイルの8分の6拍子バラードです。スローでビートも薄いし、必ず3拍でコードチェンジしてるから、3拍子っぽくも思えますね。結局アクセントと区切りの問題なのですが、古いソウルバラードはこういうハチロクの曲が多いんです。Aメロからサビまで一気に歌い切るような。だけどメロディラインや、ポストコーラスの部分が完全に2010年代の楽曲の色です。一度完全に突き抜けて言った2010年代のセンスが、落ち着いてきて、トラディショナルなセンスと混ざり合っていく素敵な時代を感じます。
今も活躍してるミュージシャンでも、リアーナ “Higher(和訳)” や Beyonce “Rocket(和訳&MV)” みたいにハチロクのバラードも色々ありますが、この曲はメロディが圧倒的に2010年代な点でとても新しい楽曲だし、こういう楽曲が増えていきそうな気もします。

歌詞について
Verse1の歌詞がとても強いです。。涙を流している様子や、居心地が悪そうに余っている枕、痩せてしまったこと。具体的なフレーズは出さずとも、大切な人を失って、欠落した気分で苦しんでいる様子が胸に浮かびます。だけど、そのあとは普通の歌詞かなー。共感するバックグラウンドがある人にとっては響くんだろうと思います。

“Loving you was …” というサビのフレーズ、どうしても Taylor Swiftの “Red(和訳&MV)” を思い出してしまいます..。楽曲中全てを比喩で歌い倒した完成度の高すぎる曲がチラついてしまうと、どうしても普通の歌詞だなと思ってしましました..。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

Run for Your Life – The Beatles 和訳と紹介

The Beatles ラバーソウルを締めくくるロック・フォークソング。

rubber-soul

「逃げられるなら、全力で逃げた方がいいぜ。」

サウンドについて
アルバム “A Hard Day’s Night” の “I’ll Be Back(和訳)” 以来2度目ののロックンロール・カバーではない、オリジナルのエンディング・ナンバーです。”I’ll Be Back”と違って軽快な曲調になっています。ジョンレノンの楽曲ですが、書きなぐった曲で好きになったことはないとのこと。スライド・ギターも入ったギターリフがかっこいいから、いいでしょう。

歌詞について
…超怖い歌詞ですね。”Run for Your Life“、お前の命のために走れ、つまり一生懸命走れ、逃げろという意味になるのですが、、ガチで命です。初めの一行が全てですね…。だけど実はこのフレーズ、エルヴィス・プレスリーの “Baby Let’s Play House” という楽曲から拝借しています。ジョンが殴り書きだと言ったのも、あながち冗談ではないのかもしれませんね。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

If I Needed Someone – The Beatles 和訳と紹介

The Beatles シンコペーションを多用したジョージ・ハリスンのメロディ。

rubber-soul

「愛する人が必要だとしたら、君しか思いつかないんだ。」

サウンドについて
シンコペーションを多用、、というか、ほとんど裏拍にしか音がありませんね。初めのバースは一人で(ボーカルはダブルトラックですが)歌っていますが、その後のバースはコーラスがガッツリ重なっています。裏拍ばかりのメロディを、ここまでハモって歌うと、独特な感じになりますね。

歌詞について
If I Needed Someone“は「誰かが必要なら」という意味ですが、歌詞の中では “someone to love”と続きます。「愛するための誰か」、つまり誰かを愛したいなら、恋がしたいならという意味になります。そのあとのフレーズがかっこいいですね。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む