Locked Away – R.City ft. Adam Levine 和訳と紹介

R.CityとAdam Levine、好きになるとはどういうことだろう。

locked-away

「俺が何も持っていなくても、愛してくれるかい」

全米で大ヒットを連発するソングライターR.Cityが発表したデビューアルバム。それの先行シングルとなったのはマルーン5のヴォーカルであるアダム・レヴィーンをフィーチャーしたこの曲だ。ノリのいいミドルテンポかつグッドメロディでわかりやすくかっこいい。歌詞はラブソング。お金を持っていなかったり、ダメな自分を見せたり、人生の困難に出くわしたりしても、君は愛してくれるだろうか。恋人が好きなのは本当に自分なのか、あなたも悩んだことがありますか?

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

Rio – Netsky 和訳と紹介

Netskyが放つ、ラテン風の陽気なドラムンベース。

rio

「永遠に続くものはないが、今は確かにお前を愛してる」

ベルギー出身のDJ/Producerであるネットスカイ。日本での知名度こそ低いが、彼の実力や世界での人気は折り紙付きだ。Digital Farm Animalsをフィーチャリングしたリオも、前半の緩やかなビートから、ラテンのノリに切り替わり、徐々に盛り上がっていく高揚感は圧倒的である。ジャンルの都合上、歌詞は短いフレーズの繰り返し。愛でさえ永遠ではないけれど、今は確かにお前を愛している、だからいいだろう。よく見かける大人の恋愛の歌詞だ。chillとは落ち着いている、リラックスするという意味だが、遊びに誘うときに用いられることもある。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

Hello – Adele 和訳と紹介

公開3日で5000万再生を超えた、Adeleの名バラード。

hello

「こんにちは、あなたの居ない世界から」

アデルは媚びない。現代のポップスシーンはEDMやR&B、Hip-Hopが主流だが、彼女はシンプルな伴奏に乗せて、ただ力強い歌を歌う。Helloについても、明るくもなければキャッチーとも言えない。なのに、これほどまで私たちの胸を打つのはなぜだろう。彼女のようなミュージシャンこそ本物の歌手と言えるだろう。歌詞の内容は別れた恋人への謝罪。償いたくても償えない、でも私はもうあなたに会えないから、これ以上あなたを傷つけることはない。深い愛情と苦しみ、切なさを感じる名曲だ。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

I Really Like You – Carly Rae Jepsen 和訳と紹介

Carly Rae Jepsen、あまりにストレートなラブソング。

carly-rae-jepsen

「何て言えばいいかしら。本当に、本当に、本当に大好きなの。」

世界中でブレイクしているカーリー・レイ・ジェプセン。日本でロングヒットを記録しているこの曲、サウンドも歌詞もあまりにストレートすぎる。ミュージシャンに限らず、いわゆる表現をする人達はしばしば難しい方向に行きがちだが、極限までシンプルなものは時にどんな表現をも超える強い力を持つことを忘れてはいけない。もちろん、シンプルかつストレートだが良く作り込まれたものではあるのだが。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

Santa Tell Me – Ariana Grande 和訳と紹介

Ariana Grandeのダンサブルなクリスマスナンバー。

ariana-grande

「教えてサンタさん、彼は来年もいてくれるかな」

アリアナ・グランデのクリスマスナンバー。彼女らしいメロディや歌詞、ビートのクリスマスソングです。ダンサブルなクリスマスソングなのが現代っぽいです。タイトルの訳は「サンタ、教えて」。彼が来年も私の側にいるのかを教えて、いないのならこれ以上恋に落ちないからといった内容。歌詞もpvもとても可愛い作品ですね。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

All I Want for Christmas Is You – Mariah Carey 和訳と紹介

Mariah Careyのクリスマス定番曲。

all-i-want-for-christmas-is-you

「クリスマスに欲しいのはあなただけ」

マライヤ・キャリーが1994年にリリースしたこの曲は、今では世界中でクリスマスのスタンダード曲となっています。「恋人たちのクリスマス」という邦題の通り、恋人への愛を歌った内容。タイトルの正確な訳は「クリスマスに欲しいのはあなただけ」という意味です。タイトルの通り、サンタクロースに願うのはプレゼントじゃなくて好きな人だと歌っています。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

Someday at Christmas – Stevie Wonder 和訳と紹介

2015年、AppleのクリスマスCMはStevie Wonder。

someday-at-christmas

「いつの日かクリスマスに世界は愛だけで溢れる」

1967年にスティービー・ワンダーがリリースしたこの曲が、2015年になっても愛されているのは本当にすごいことですね。今回AppleのCM曲として、話題の新人ソウルシンガーであるアンドラ・デイとのコラボレーションをしています。歌詞は反戦、延いては人々が愛し合う世界を願う歌です。いつかのクリスマスに憎しみが消え去り、世界が愛で溢れますように。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

Can’t Feel My Face – The Weeknd 和訳と紹介

The Weekndのワイルドなヒットソング。どんな顔してるかわからない。

cant-feel-my-face

「お前といるとき、どんな顔をしてるかわからない」

マイケル・ジャクソン的なファンクネスを感じますね。Bメロの後半でフィルターをかけるのはこの時代の流行ですね。サビがめちゃくちゃクールですね。もっとがっつりファンクにしたら、界隈でいつまでも愛されたのではないかと思います。。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

Lean on – Major Lazer & DJ Snake ft. MØ 和訳と紹介

Major LazerのDiploが暖め続けた珠玉の一曲。

lean-on

「必要なのは寄りかかれる誰かだけ」

「デジタルレゲエ」をコンセプトにあげる彼ら。その中心人物であるDiploはこの曲を一年ほど温めていたらしいです。今業界でイチオシされているMOをボーカルに採用し、大ヒットしました。歌詞は、誰もが寄り添える誰かを求めているといった内容です。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む

Break Free – Ariana Grande ft. Zedd 和訳と紹介

歌姫Ariana Grandeと、EDMの雄ZEDDのコラボ。

ariana-grande

「今がキッパリあなたを諦めるときなの」

2018年にコメントを書き直しているのですけれど、コテコテのEDMですねー。時代を感じます。ドンドン盛り上がっていったEDMの最盛期の曲ですもんね。こういう音楽が当たり前だった世代って面白いですね。もちろん私も聞いていたんですけど、全然普通のメロディがキャッチーな曲だと思ってたもんなあ。なかなか革新的なサウンドしてました。

それでは和訳をどうぞ。

続きを読む