Everybody’s Trying to Be My Baby – The Beatles 和訳と紹介

The Beatles 4thアルバムを締めくくるのは、やっぱりロックンロール。

beatles-for-sale

「みんなが俺の女になろうとしている。」

サウンドについて
Honey Don’t(和訳)“と同じく、カール・パーキンスのカヴァー楽曲です。バースの頭にブレイクの決めがあるブルース進行はかっこいいですよね。初期ビートルズは、ほとんどのアルバムの最後の楽曲でカヴァーのロックンロールを演奏しますね。

歌詞について
モテ男の武勇伝みたいな歌詞ですね、、、でも流石に盛りすぎでしょ(笑)。朝の4時半に50人の女性がドアに押しかけてるって何事、、。一晩で19回デートなんて、1回何分だよ、、。ロックンロールだからアリなんでしょうか。

それでは和訳をどうぞ。

【歌詞和訳】

[Verse 1] 彼女らは木から蜜を取ってきた
着飾って 俺に言うんだ

[Chorus] みんなが俺の女になろうとしている
みんなが俺の女になろうとしている
みんなが俺の女になろうとしている

[Bridge] 昨夜 目を覚ましたんだ 4時半の事さ
50人もの女性が俺のドアをノックしていたんだ

[Chorus] みんなが俺の女になろうとしている
みんなが俺の女になろうとしている
みんなが俺の女になろうとしている

[Verse 3] 昨夜 出かけたんだ 遅くまではいなかったんだ
家に帰るまでに 19回デートしたよ

[Chorus] みんなが俺の女になろうとしている
みんなが俺の女になろうとしている
みんなが俺の女になろうとしている

[Verse 3] 昨夜 出かけたんだ 遅くまではいなかったんだ
家に帰るまでに 19回デートしたよ

[Chorus] みんなが俺の女になろうとしている
みんなが俺の女になろうとしている
みんなが俺の女になろうとしている

[Verse 1] 彼女らは木から蜜を取ってきた
着飾って 俺に言うんだ

[Chorus] みんなが俺の女になろうとしている
みんなが俺の女になろうとしている
みんなが俺の女になろうとしている

――Translated by BxM – 文学xミュージック